flag-754582_640_2016022602191988b.jpg 
(イメージです。)


1
:2016/02/25(木) 22:32:44.35 ID:
 【上海=土居倫之】

 中国・上海株が25日、急落した。上海総合指数は前日比6.41%安と約1カ月ぶりの下落率の大きさだった。26日の財務相・中央銀行総裁会議(G20)の開幕を前に通貨、人民元の先行きに対する不安が高まり、株式市場で売りが先行した。

 上海総合指数の終値は2741だった。上海株は前日に心理的な節目の3000に近づいており、当面の利益を確定する売りが出やすくなっていた。午後の取引時間に入って急速に下げ幅を広げ、下落率は一時7%に迫る場面があった。

 中国人民銀行(中央銀行)の易綱副総裁は25日、人民元について「(複数の通貨で構成する)通貨バスケットに対する連動を高める」と述べ、対ドルでは変動が大きくなるとの見方を改めて示した。

 市場では人民元安に対するG20での中国の対応が注目されている。上海外国為替市場での人民元の25日午後4時半時点の対ドルレートは1ドル=6.534元で小動きだった。

日本経済新聞 2016/2/25 21:38
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF25H1J_V20C16A2EE8000/