a47eda2e.jpg 
(スレ内の画像です。)

1
:2016/02/24(水) 19:01:21.62 ID:
【ソウル聯合ニュース】
 
 韓国防衛事業庁は24日、防衛事業推進委員会で「化生放偵察車2」(装甲型)の初回の生産計画が承認されたと発表した。初回生産台数は5台で、韓国軍は約3100億ウォン(約282億円)を投じ、今後計90台を生産する計画だ。

 同車は化学、生物、放射能の探知を行う。北朝鮮による化学兵器テロや有毒ガス流出事故が発生した際に使用される。

 軍は2011年12月から昨年6月まで新型偵察車両を政府が投資し、企業が主管する方式で開発。運用試験評価で「戦闘用に適合」の判定を受けた。同車両を独自開発した国は米国、ドイツに続き3番目。

 初回生産計画が承認されたことにより、新型車両は来年から陸軍の前線部隊や海兵隊に投入される予定だ。

 防衛事業庁は「新型車が戦力化されれば、化学・生物学の偵察体系が統合され、遠距離からも化学剤の探知が可能になり、作戦支援能力が大きく向上するだろう」と期待を示した。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2016/02/24/0200000000AJP20160224003600882.HTML