アメリカ 米国 Flag 

1
:2014/04/02(水)02:10:12 ID:
米へ入国の韓国人女性 訪問者?留学生たちまで侮辱

2014-04-01 6:10 イオス記者

風俗店就業疑われ、2次入国審査に渡され、携帯電話?写真までの調査

ノービザ入国実施後ますます厳しくなっている入国審査のために韓国人観光客や留学生がひどい目にあう場合が続出している。

特に顕著な韓国内の仕事がないか、訪問の目的が疑われる若い女性の場合、風俗店就職などを疑って厳しい審査をする場合が多く、また、学生たちも2次審査に渡され、携帯電話の写真記録などまで調査される場合もあることが分かった。

最近サンフランシスコ空港を通じて米国に入国しようと20代の韓国人女性は、入国審査官が入国カードに少ない電話番号を見て、「OO店に行こうとするものではないか」と疑いの目を送った後、2次審査に渡される大変な苦労を行った。

また、学生ビザを受けてLAで語学研修をしていた20代の男子学生は、数ヶ月間、韓国で休息を取るが駐韓米大使館から再度学生ビザを発給受けてLAに入ってオリョダが2次審査に渡された最後に帰国措置を受けた場合。

入国審査官は、2回目の調査では「なぜ勉強を休んだのか」「就職の意図はないのか」などの質問攻めに苦しみ、携帯電話で撮った写真を検索して、アメリカでパートタイムの仕事をしていた写真を発見し帰国措置を下したことが分かった。

移民法の専門家たちによると、入国が拒否される事例はほとんどノービザ旅行者の電子渡航認証システムサイト過去の記録を事実とは異なる虚偽作成しましたが、入国審査で摘発された場合や、若い女性の中で滞在する住所を正確に知らない、または曖昧な返事をする場合も厳しい入国審査の対象に分類されるものである。

専門家によると、2次審査対象者に分類されている場合は、

▲米国訪問が頻繁な場合、
▲片道チケットを切断する場合、
▲観光ビザなどで訪問した後の仕事をしていた記録があらわれる場合
▲入国時に荷物が多すぎると、
▲学業行う目的がはっきりしていない

場合などである。


http://www.ikoreatimes.com/Article/view.aspx?p=10&q=&page=1&aid=36369 ハングル機械翻訳

日本もアメリカに続け!