1:2016/02/23(火) 20:59:39.13 ID:
(画像)

 2018年平昌冬季五輪フリースタイル・スキーやスノーボード・スロープスタイルの競技場となる普光フェニックス・パークでは、コースの真ん中に「木造の韓屋(韓国の伝統家屋)」が建つことになりそうだ。選手たちは雪に覆われた韓屋の屋根の上をスキーやスノーボードで飛び越えていくという妙技を披露することになる。

 このコースの設計を手がけるドイツ・シュネステルン社の最高経営責任者(CEO)ディルク・ショイマン氏は「五輪コースに韓国の美しさを最大限に反映させたい。2018年の冬季五輪では全世界が韓屋の屋根の上を舞う選手たちの姿を見ることになるだろう」と語った。

 斜面のあちこちに「Kスタイル」を取り入れるという同氏の構想は、普光フェニックス・パークのコースに既に登場している。五輪のテストイベントだった国際スキー連盟(FIS)フリースタイル・スキー、スノーボード・ワールドカップ(W杯)コースに韓屋をかたどった「雪像」を作っておいたのだ。コースをよく見てみると、「あ、韓屋の形だ」と気付く「試作品」が建っている。

 ショイマン氏は「もともとは今回のW杯時に韓屋を建てようとしたが、準備の時間がなかったので、まずは韓屋形の雪像を作ってテストした。最近は、さまざまな韓国の伝統家屋の写真をよく調べている」と語った。

 平昌五輪時は縦20メートル×横10メートルという大きさの木造韓屋を建てる予定だ。雪で韓屋をかたどるのではなく、実際に韓屋を建て、屋根だけの雪で覆う、と同氏は話す。今回のW杯時に設置された青の鉄製の太鼓も、五輪時は「コリアン・スタイル」に変わり、韓国の伝統的な太鼓の形になる予定だ。

 ショイマン氏は「平昌五輪コースは過去と未来、韓国の文化を一つにした競技場になるだろう。単にスキーやスノーボードが上手な選手より、創造的な戦略を立てる選手の方が有利だと思う」と語った。

平昌=崔鍾錫(チェ・ジョンソク)記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2016/02/23 08:09
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/02/23/2016022300662.html

関連スレ
【韓国】平昌五輪の強敵は安全面に不安があるジャンプ台[2/19]©2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1455883344/
 
MIZUHO no KUNI 関連記事
【韓国】朴大統領、江原道知事に「平昌五輪テストイベント、成功的だった」(2016/02/20)
平昌五輪の強敵は、安全面に不安があるジャンプ台!(2016/02/19)
【平昌五輪】やはりテスト大会の結果は散々だった!選手は極寒の戸外でストレッチ 頼みの綱の高速鉄道も安全性に疑問符が…(2016/02/20)
平昌五輪の強敵は、安全面に不安があるジャンプ台!(2016/02/19)
【平昌五輪】「奇跡」の突貫工事でクリア、平昌五輪のプレ大会…問題山積、最大の懸案は「雪がない」(2016/02/19)
上記を含む平昌関連記事はこちらから↓どうぞ
http://mizuhonokuni2ch.com/?tag=%E5%B9%B3%E6%98%8C%E4%BA%94%E8%BC%AA