boat-832801_640.jpg 
(イメージです。)


1
:2016/02/21(日) 09:24:05.87 ID:
20日の午後12時54分、釜山(プサン)から北東に137km離れた日本の排他的経済水域(EEZ)で、釜山船籍の近海はえ縄漁船・G号(29t)が日本側に拉致された。

日本側の漁業指導船はG号の操業日誌のうち、漁獲量を97kgが少なく記載している事を摘発した。5人が乗ったG号は、今月16日に釜山を出航して操業中だった。

G号は船主を通じて日本側に担保金として韓国の金額で3,500万ウォンを支払い、拉致から11時間後の21日の深夜0時頃に釈放された。

釜山海洋警備安全署によれば、G号は3月16日まで操業しようとしていた計画を取り消し、21日の午後4時頃に釜山に帰る予定であると説明した。

ソース:NAVER/釜山=聯合ニュース(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=001&aid=0008199405