the-ball-488714_640_20160210193855481.jpg 
(イメージです。)


1
:2016/02/10(水) 18:14:20.25 ID:
‘韓日戦’の過去と現在、そして未来
[チェ・ドンホのスポーツ人文]サッカー界最高ライバル、韓国と日本
チェ・ドンホ スポーツ評論家

2016.02.02 13:27:00

時々楽しい想像をする。2028年ワールドカップ決勝戦で韓国と日本が出会う。もちろん優勝は韓国だ。主審のホイッスルが鳴って90分間の激戦が終わる瞬間、日本選手たちは韓国選手に心からの祝福の握手を差し出す。韓国選手も日本選手たちの肩を叩いて慰める。

記者会見場で韓国監督はこのように話す。「韓国サッカーは日本がいて幸せだ。私たちはライバルだ。」

韓国と日本サッカーはライバルだ。‘宿敵’という殺伐な表現も簡単に登場する。(中略)

10年前の話であっても20年前の話であっても私たちは簡単に追憶して感動する。アジアサッカー連盟U23チャンピオンシップ決勝戦で韓国と日本は再び出会った。

常にそうだったように、今回の決勝戦も数々のわだかまりが積み上げられた舞台であった。オリンピックチーム同士の対決だけ見ても、日本は2012年ロンドンオリンピック3~4位戦で韓国に敗れた。2014仁川(インチョン)アジア競技大会8強戦でもひざまずいた。日本としてはロンドンオリンピックの恨みを晴らす舞台であった。手倉森日本オリンピックチーム監督は「どうせ最後は韓国だと考えた」と話した。韓国と日本はアジアの頂上に立っても、お互いを倒して登頂してこそ真のアジア最高だと自負できる熱い歴史を有しているのだ。

韓日戦の背景はもちろん韓日両国の歴史だ。日帝強制占領期間に最高のサッカーチームだった朝鮮サッカーチームが1935年に全日本サッカー選手権大会で優勝したとき、選手たちも泣いたし在日朝鮮人も泣いた。抱き合って泣き、悲しみの涙を流しながらサッカーをし、サッカーを見たのではないか。日帝強制占領期間のサッカーは朝鮮の自慢であり、怨念の解消でもあった。韓国サッカーのDNAは日本にだけは負けてはいけないという朝鮮民衆の恨(ハン)で作られたものだ。

http://www.footballjournal.co.kr/news/articleView.html?idxno=3764