train-156076_640.png 
(イメージです。)


1
:2016/02/10(水) 07:36:58.31 ID:
中国クオリティに唖然! 高速鉄道計画は失敗かーインドネシア (Global News Asia) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160209-00000002-gnasia-asia
 
 2016年2月9日、インドネシアメディアによると、問題山積で暗礁に乗り上げている中国に発注した高速鉄道計画(ジャカルタ―バンドン間・約140Km、2019年開業)について、計画自体を白紙に戻すべきだとの声が強まっている。
 
 中国の提案は、インドネシア政府の費用負担は、実質0円でしかも事業が失敗しても債務保証は求めないという画期的な提案だったが、その後、中国は債務保証をインドネシア政府に求めてきた。中国は、有力だった日本提案への対抗策として、画期的な提案をしたのだが状況は変わってきた。そもそも、ジャカルタ―バンドン間・約140Kmの高速鉄道計画は、優先順位が低く投資費用が膨大なため、一時は、中速鉄道計画案も出ていたが、中国から破格の条件が提示されたので、思わず飛びついてしまった。
 
 不幸は、ここから始まった。中国側の建設設計申請書類は、いまだにすべて提出されていない。提出されたものは、ほとんどが中国語で読めない為、インドネシア語や英語で再提出するよう差し戻された。この時点で躓くことは、インドネシア側も想定外だった。
 
 1月21日の起工式には、高速鉄道の建設の許可を出す国土交通大臣が欠席したほど、ひどい状態になっている。
 
 ジョコ大統領は、今週、関係各方面と協議を行い、どうにか高速鉄道の速やかな着工に向けて、工作しているが難しそうな局面だ。インドネシアの中国に対する不信感は、着実に広がっている。
 
 一方、日本がジャカルタで建設している地下鉄工事は、順調に進んでおり、同じ漢字の国でも大きな差があると認識されている。
 
MIZUHO no KUNI 関連記事
中国が反論!インドネシア高速鉄道計画は順調、懸念事項は無い(2016/02/08)
中国、インドネシア高速鉄道の認可遅延に直面!(2016/01/31)
【インドネシア】中国高速鉄道、早くも着工遅れのトラブル!(2016/01/04)