olympiad-260782_640_20160210114515207.jpg 
(イメージです。)


1
:2016/02/10(水) 09:57:02.53 ID:
■宿泊施設-競技場間は往復2時間
■海外メディア記者「競技場まで急斜面、まるで登山」
■1000人以上来場も観客席300席

韓国国内で初の滑降競技場「江原道旌善アルペンスキー競技場」で6日と7日、「国際スキー連盟(FIS)スキー・ワールドカップ(W杯)」が行われた。

この競技場について、選手やスキー専門の海外メディア記者たちは「スロープの状態が良く、スタッフも親切だった」としながらも、「五輪レベルにするには改善すべき点が多い」という評価を下した。平昌冬季五輪組織委員会は、2018年の同五輪のリハーサルとして今回のW杯を実施した。

回答者がそろって問題提起したのは交通に関する課題だった。平昌アルペンシアにある宿泊施設と旌善アルペンスキー競技場の行き来だけで往復2時間かかり、体調面の調整が難しいというのだ。

あるヨーロッパの国のコーチは「ヨーロッパではほとんどの競技場に宿泊施設が付いており、すぐにゴンドラに乗れる」と言った。

また海外メディア記者・観客・組織委員会スタッフは、駐車場から競技場まで雪に覆われた急斜面を20分以上も登った。ある海外メディア記者は「競技場のメディアセンターに行くのに、毎日登山をしている気がした」と語った。

5日の練習試合まで足場を整えなかった組織委員会スタッフが危なっかしく雪道を降りてくることもあった。

観客席・メディアセンター・トイレなどの施設が不足し、暖房が効かないという指摘もあった。メディアセンターでは手がかじかんで記事を書くのが難しいほどで、急傾斜の土地にそのままテントを張り、机が傾いた状態だった。

競技場建設に集中するあまり、選手たちへの配慮面で不十分な点もあった。

ヨーロッパのある国の監督は「宿泊施設にジムはあったが、練習試合後の午後2時から6時までは使用不可という通知があった。このため、選手たちは寒い中、宿泊施設の周辺でジョギングやストレッチをした」と言った。

宿泊施設で提供されるメニューが選手の食事に適していないとして、まったく利用しないチームもいた。

組織委員会運営スタッフ同士がかみ合わないこともあった。

組織委員会に招待された辛東彬(シン・ドンビン)大韓スキー協会会長(ロッテ・グループ会長、日本名・重光昭夫)が、6日の試合を観戦するためゴンドラに乗り込もうとして止められたり、組織委員会の車が競技場まで行けなかったりというトラブルも起こった。コントロール・タワーがきちんと機能していなかったためだ。

6日と7日の大会当日は観客1100-1200人が集まったが、観客席は300席しかなく、座れなかった人々は2時間も立って試合を見た。

これについて組織委側は「工程率60-70%で実施したテストイベント(練習大会)なので、一部不具合が出てしまった。不十分な点は今後改善していく」と述べた。

今回のW杯の初代優勝者はノルウェーのチェーティル・ヤンスルード(滑降・1分41秒38)とスイスのカルロ・ヤンカ(スーパー大回転・1分26秒16)だった。韓国人選手で初めてW杯スーパー大回転に出場したキム・ヒョンテは完走し54人中42位だった。
 
2016/02/10 08:34
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/02/10/2016021000385.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/02/10/2016021000385_2.html

関連スレ
【平昌五輪】 「交通インフラはもちろん、宿泊や飲食など、あらゆる分野で先進国になった韓国を世界に示す」~五輪組織委員長[02/03] [無断転載禁止]©2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1454476439/
 
MIZUHO no KUNI 関連記事
【平昌五輪】五輪組織委員長「交通インフラはもちろん、宿泊や飲食など、あらゆる分野で先進国になった韓国を世界に示す」(2016/02/03)