1c06247a.jpg 
(スレ内の画像です。)

1
:2016/02/01(月) 18:47:59.45 ID:
 お隣・韓国がざわついている。2年後に迫った平昌(ピョンチャン)冬季五輪に向けて急ピッチに進んでいた鉄道工事で、鉄道橋の型枠が突如崩落するという事故が起きた。現地当局は急激な冷え込みが原因などとしているが、手抜き工事との指摘も少なくない。世界的スポーツの祭典は開催できるのか。韓国事情に詳しいノンフィクションライター、高月靖氏が凍り付く現地を報告する。

 韓国東北部の沿岸部にほど近い都市・江陵市。今月24日未明、その郊外で轟音が鳴り響いた。

 場所は市の中心部から国道沿いに内陸へ10キロほど入った地点。国道を横切る形で建設中だった鉄道橋の一部が突然崩壊し、40メートルほど下に落下したのだ。

 「事故があったのは午前6時10分ごろ。橋脚を軸にポッキリと折れた橋が、片側2車線の広々とした幹線道路に覆いかぶさるように落ちた。崩落部分の総延長は58メートルに及ぶ。一帯は何もない野山だが、市の中心部に近いため昼間の通行量は少なくない」(現地メディア関係者)

 幸い人的被害はなかったが、一歩間違えば大惨事になるところだった。

 問題の鉄道橋は、沿岸の江陵市と半島北部の中央に位置する原州を結ぶ複線電鉄網の一部。ほかでもない2018年に開催される平昌五輪に合わせて、12年6月から工事が始まった路線だ。

 韓国は10年の招致プレゼンテーションで空の玄関・仁川-平昌間に高速鉄道を新設すると発表したが、採算性の問題から後に既存路線を電化してつなげる案に縮小。それでも従来は在来線で片道5時間47分かかったソウル-江陵間が、72分に縮まると期待されていた。

 「崩落部分はソウルから行くと平昌を通り過ぎたちょっと先の終点近くだが、路線全体の工期への影響は大きいだろう」(同)

 鉄道橋の着工は昨年8月で、同月には五輪開催を踏まえた工期短縮のため政府が2920億ウォン(約287億円)の追加予算(15年度)を決めたばかりだった。

 だが、一部現地報道によれば、橋脚から作り直す必要があり、再工事に半年はかかるともいわれる。

 なぜ事故は起きたのか。韓国鉄道施設公団・江原本部は事故について「折からの大寒波で、型枠を支える鉄骨の構造物が急激な気温低下に耐えられなかった」としつつ、落下したのは橋そのものでなく仮設の型枠だと強調した。

 だが、東亜日報系テレビのチャンネルAをはじめとする現地メディアは早速、手抜き工事の疑いを提起している。

 「事故発生時の気温はマイナス15度だが、韓国はソウル市内でもこれくらいまで冷えることは珍しくない。現地専門家も温度変化に備えるのは常識だと話している」(現地日本人ジャーナリスト)

 大統領の決定で日本との分散開催案を却下し、五輪の準備に背水の陣を敷いた格好の韓国。事故前日の23日には旌善(チョンソン)アルペンスキー滑降競技場がオープンにこぎ着け、関係者が安堵した矢先だった。

 「同競技場は2月上旬にアルペンスキーW杯の開催を控えており、駆け込みで間に合った形。今月に入っても『本当に開催できるのか』とメディアで憂慮されていたほどだ」(同)

 平昌五輪をめぐっては資金難から競技施設の建設遅延にはじまり、選手や海外からの観客を収容する宿泊施設のキャパシティー不足の恐れなど相次いで問題が浮上。誘致したまではよかったが、実際に開催できるのかどうか国内外から厳しい視線が向けられている。

 「この崩落事故が平昌五輪の行方を占う妙な予兆でなければいいが…」

 五輪関係者の中からはこんな声も漏れている。

 ■高月靖(たかつき・やすし) ノンフィクションライター。1965年生まれ。兵庫県出身。多摩美術大学グラフィック・デザイン科卒業。韓国のメディア事情などを中心に精力的な取材活動を続けている。『キム・イル 大木金太郎伝説』『独島中毒』『徹底比較 日本vs.韓国』『韓国の「変」』など著書多数。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160201/frn1602011140001-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160201/frn1602011140001-n2.htm 
 
MIZUHO no KUNI 関連記事
【平昌五輪】組織委の記者会見に業者が乱入し「工事代金払え!」 韓国メディア「国際的な恥さらし」(2016/01/31)
【韓国】オリンピック鉄道建設中の江陵区間で、鉄道橋の床板が崩壊!(画像あり)(2016/01/26)