1:2016/01/31(日) 23:00:23.49 ID:
2016.01.31午後05:25
64df0313.jpg

31日仁川(インチョン)国際空港。入国場を抜け出したシン・テヨンオリンピック代表チーム監督の表情は淡々としていた。

アジアサッカー連盟(AFC)23才以下(U-23)チャンピオンシップ兼2016年リオデジャネイロオリンピックアジア地域最終予選で準優勝をおさめたシン・テヨン号が帰国した。「歴代最弱体」、「谷間世代」らが作った快速疾走であった。シン・テヨン号は組別リーグを2勝1分けで通過したのに続き、8強でヨルダンを制圧した。本戦出場権がかかった4強では開催国カタールに完勝して男子サッカー世界最高となる8回連続オリンピック本戦行きの大業を成し遂げた。決勝戦では日本と出会って後半中盤まで圧倒的な競技力で2-0とリードしたが、相手のパワープレーにまともに対応できず結局2対3の逆転負けにあった。(中略)

▲大会を終えた所感は。

-1ヶ月間の長い旅行日程を終えた。とても多くの歓待に感謝する。1次目標であるオリンピック本戦行きを達成した。だが、国民に希望を差し上げるべきだった韓-日戦で敗れて申し訳ないと考える。だがリオオリンピックで再び韓日戦が行われる機会があるならば必ず相手の鼻柱を折ってあげたい

▲今回の大会を振り返るならば。

-私たちの選手たちに「谷間の世代」という修飾語がついた。実際に所属チームで試合を走ることができない選手が70~80%に達するほどであった。(チームを作るにあたり)非常に困難となる部分だった。だが、済州(チェジュ)、蔚山(ウルサン)、ドバイ現地訓練を経てドーハに入城する時は「上手に出来る」という確信ができた。試合を行うほど競技力が良くなった。 (オリンピック本戦での)大きい希望を見ることができた大会であった。(中略)

▲日本戦でなぜこういう結果が出たのか。

-弁解をするならばイ・チャンミンのプレー状況で私たちの選手たち皆がファールを考えた。プレーが一時的に止まったが、主審はファールを宣言しなかった。これが失点に連結したし雰囲気が反転する他なかった。事実3~4ゴール差で勝利できる試合だと考えた。失点後に動揺した。守備位置の選定などを補完しなければならないようだ。(以下略)

http://sports.news.naver.com/kfootball/news/read.nhn?oid=076&aid=0002884097