china-1020914_640_20160129220305330.png 
(イメージです。)


1
:2016/01/29(金) 20:53:22.32 ID:
 中国経済の失速は「上海株暴落」や「人民元安」に直結し、世界経済を震撼(しんかん)させている。海外企業も中国から逃げ出し、直接投資が激減しているという。こうしたなか、中国主導のAIIB(アジアインフラ投資銀行)は16日、習近平国家主席も出席して北京市内で設立総会を開いたが、最悪のタイミングでの船出となった。国際政治学者の藤井厳喜氏が、リーマン・ショック級の衝撃となりかねない中国経済の危機に迫った。 

 中国バブル崩壊の結果として、上海株が暴落している。中国政府はこれ以上、株が暴落しないように、さまざまな規制を導入・検討している。「空売り禁止」や「大企業の大株主による株式売却の禁止」など、禁じ手まで使って回避を試みているのだ。

 だが、禁じ手を使えば、国際金融市場での信頼性は薄れ、外資は中国から撤退する。中国バブルのソフトランディングを主張する識者もいるが、マーケットの以下の格言をご存じだろうか。

 《史上発生したバブルで、ソフトランディングに成功したものは1つもない》

 筆者は昨年末、より深刻な人民元急落を予測した。こちらも中国人民銀行がドル売り・人民元買いで防ごうとしているが、「ドル高元安」の基調は止めようがない。

 人民元は本来、ドルと連動する「事実上の固定相場」だった。人民元の信用は、米ドルによって裏打ちされていた。だが、香港などにオフショア(本土外)市場があり、ここでは自由取引が行われていた。オフショア市場で元安となれば、公式レートも改めざるを得なくなった。

 加えて、中国人民銀行が「ドル売り元買い」の市場介入を行うために、中国の外貨準備は急激に縮小している。

 昨年末時点の外貨準備高は3兆3300億ドル(約394兆8048億円)で、前年末比で5130億ドル(約60兆8058億円)も減少した。このペースで減少して、3兆ドル(約355兆5900億円)を割り込めば、人民元への市場の信頼は大きく損なわれる、といわれている。

 しかも、中国の外貨準備には国有銀行の外貨保有分も含んでいる。西側諸国と同じ基準で、中国の純粋な外貨準備といえるのは、約1兆3000億ドル(約154兆890億円=昨年末時点)しかないことになる。

 ちなみに、2013年までの10年間に、中国から違法に流出した資金は約1兆4000億ドル(約165兆9420億円)と推計されている。外貨準備は急速に底を尽きつつあるのだ。

 国内の株価暴落を強権で止めることはできても、海外市場の人民元暴落を止めることはできない。

 習主席も出席して16日、華々しく設立総会が開かれたAIIBは、融資の資金を調達する際に発行する債券について、信用格付けを取得しないでスタートした。前代未聞だ。

 AIIB幹部が、ムーディーズなどの主要格付け会社と事前に接触したが、「投資不適格」という低い格付けしか与えないことが発覚した。このため、あえて「格付けなし」としたのだ。

 低格付けの債券は「ジャンク債」(紙くず債)といわれるが、AIIBの債券はそれ以下である。この債券を喜んで買うと表明しているのは韓国だけだ。AIIBは船出前から破綻している。

 ■藤井厳喜(ふじい・げんき) 国際政治学者。1952年、東京都生まれ。

zakzak 2016.01.29
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160129/dms1601291140007-n1.htm

関連スレ
【zakzak】AIIB最悪の船出 上海株暴落で人民元への信頼は失墜 IMFも批判[1/15] [無断転載禁止]©2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1452943799/