1:2016/01/01(金) 18:09:46.82 ID:
2a66bf0c.jpg
▲朴元淳(パク・ウォンスン)、ソウル市長

(ソウル=聯合ニュース)チェ・ユンジョン記者
 
朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長が少女像の席は'不可逆'であり本来の席になければならないと明らかにした。

パク市長は31日、ソウル江南(カンナム)ファイナンス・ツイッター・コリア'ブルールーム'でツイッタリアンらとリアルタイムで質疑応答する'ツイッター・ブルールーム・ライブQ&A'をしながら「私に権限があれば(少女像が)本来の席にあるようにします」と言った。パク市長は「市民が作ったものなのに、誰が簡単に移すという言えますか」と付け加えた。

彼は前日にも自身のSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)アカウントで「少女像はもう忘れることができない歴史を記憶する象徴です。少女像の席が'不可逆'です」と明らかにした。

彼は「政府の誤りで痛みを体験した国民に国家は寄り添う丘にならなければなりません」とし、「少女像を守ります」と強調した。それと共に彼は軍慰安婦など日帝の性暴行犯罪問題を扱った2000年日本東京女性国際戦犯法廷で起訴検査に立った履歴を紹介した。当時、国際戦犯法廷は共同検査団の起訴意見を受け入れてヒロヒト日王と加害者を処罰しなかった日本政府などに対し有罪判決を下した。
(後略:ドーム球場建設の話し等)

ソース:聯合ニュース(韓国語) パク・ウォンスン"少女像席は'不可逆'…本来の席になければ"
http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2015/12/31/0200000000AKR20151231175000004.HTML