日本韓国 
(イメージです。)

1
:2015/12/26(土) 08:00:40.46 ID:
 岸田文雄外相は25日、慰安婦問題の早期妥結に向け、ソウルで28日に韓国の尹炳世外相と会談すると発表した。会談で日本側が提案する方針の元慰安婦への支援拡充をめぐり、日本政府内に韓国側にも支出を求める「共同出資」案が浮上していることが25日、分かった。韓国側を関与させることで問題の蒸し返しを抑える狙いがある。ただ、支援金には日本国内での反発も予想され、妥結の行方は見通せていない。

 岸田外相は25日、外務省で記者団に「慰安婦問題は非常に難しい問題だが、何ができるか自分としてもギリギリの調整を行いたい」と意気込みを述べた。日本側は慰安婦問題を二度と蒸し返さないことなど、最終的に妥結した場合、その内容の文書化を求める方針。岸田氏は協議の進行次第では会談中止も辞さない構えだという。

 日本政府内で浮上している支援金の日韓共同出資案は、日本が続けている元慰安婦に償い金を支給した「アジア女性基金」のフォローアップ事業(医療品などの提供)の拡充と、韓国が実施している慰安婦支援金を合体させる構想。両政府は単年度予算で対応しているが、日本側は約10年分を一括して渡すことを検討しており、アジア女性基金の受け取りを拒否した元慰安婦や、元慰安婦の家族も支給対象とする方向だ。支援金の規模は数億円になる可能性もある。

 日本外務省は年間1500万円の予算をつけて元慰安婦に生活必需品を支給しているが、政府内には「問題が完全に決着し、二度と蒸し返されないことが担保されるなら、増額してでも一括で対応し、全て終わらせるべきだ」との意見がある。

 ただ、韓国からの報道によると、ソウル郊外にある元慰安婦の支援施設「ナヌムの家」の安信権所長は25日、日本政府が検討する支援拡充などでは「名誉回復にならない」と否定的な見解を示した。その上で「既に韓国政府の生活支援金を受けている。金額の問題ではない」と指摘した。

 このため、政府内にも「妥結は容易ではなく、仮に妥結しても朴槿恵大統領に韓国世論を抑える力があるのか」として最終的な決着には懐疑的な見方が出ている。

ソース:2015.12.26 06:00
http://www.sankei.com/politics/news/151226/plt1512260001-n1.html
http://www.sankei.com/politics/news/151226/plt1512260001-n2.html 
 
MIZUHO no KUNI 関連記事
【岸田外相訪韓】日本の妥結案では「名誉回復にならない」 元慰安婦の支援者、韓国政府から連絡もなく…(2015/12/25)
【朝鮮日報】岸田外相来韓、韓国が先に解決した産経・請求権裁判が呼び水に!(2015/12/25)
【韓国】日本軍慰安婦歴史館再オープン!(画像8枚) ⇒2ch「こんな厄介なっ糞国は思い切って捨てましょう」(2015/12/25)
岸田外相の訪韓 「裁判での韓国側配慮に応じたもの」と韓国外交筋~頑強な対日世論で着地点は見通せず(2015/12/25)
日本政府、慰安婦を支援する政府支出の新基金を提案へ!首相が責任言及も(日経)(2015/12/25)