seoul-92554_640_20151219210751219.jpg 
(イメージです。)

1
:2015/12/19(土) 19:24:30.15 ID:
2015年12月19日11時48分
[中央日報/中央日報日本語版]

朴槿恵(パク・クネ)大統領は18日、「経済活性化のためのゴールデンタイムがあまり残っていない状況で構造改革と経済活性化のための核心法案が国会で通過せず、心配でならない」と述べた。

朴大統領は全国商工会議所会長団を青瓦台(チョンワデ、大統領府)に招待して昼食会を開き、「このような法案が処理されず、来年の各種悪材料を乗り越えることができるだろうか、若者のための雇用が創出されるだろうか、最近は心配で眠れない」とし、このように明らかにした。特に「気楽に大統領の道を進むことも可能だが、私を信頼する国民のためにこのようなことを放置して進むことはできないという思いで連日訴えている」と強調した。朴大統領は5日にフランス・チェコ歴訪から帰国した後、内閣改造を先送りしたまま法案を処理しない国会を批判している。

ある参謀は「朴大統領は本当に法案の心配でつかの間も安心できずにいる」とし「しかし一部で大統領の言葉に疑心を抱くような批判が出て、このように語ったのではないだろうか」と説明した。

朴大統領は「私が連日、国家経済の困難を吐露するのも、大統領として国民の体感度がさらに落ちないようにするための切実な思いから」とし「何よりも現場にいる皆さんは毎日毎日がどれほど心配だろうか、本当に心が重い」と述べた。

一方、野党・新政治民主連合の文在寅(ムン・ジェイン)代表はこの日、国会で開かれた拡大幹部会議で、青瓦台の争点法案職権上程要求について「国会議長に超法規的な発想である職権上程の圧力を加え、大統領の緊急財政命令で脅迫するのは、国会立法権侵害と三権分立毀損を越え、維新時代を思い出させる新独裁だ」と主張した。

http://japanese.joins.com/article/880/209880.html?servcode=200§code=200&cloc=jp|main|top_news