カリアゲ 北朝鮮 

1
:2014/03/27(木)08:36:49 ID:
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が2015年に韓半島(朝鮮半島)で戦争が起きる可能性に言及していたことが25日までに分かった。

北朝鮮の内部事情に詳しい情報筋によると、金第1書記は今年初め、北朝鮮軍の指揮官会議を開き「15年に韓半島で武力衝突が起きる可能性がある。統一大戦に向け戦略的物資を最大限準備し、いつでも戦争できるように万全の準備を整えるように」と指示したとされる。金第1書記が「南北関係の改善」に言及した新年の辞や「重大提案」と同時期の発言だけに注目される。

(中略)

また、昨年には内部で「3年以内に革命武力で統一する」と宣言したことが分かっている。消息筋によると、金第1書記は11年末に政権トップの座に就いて以降「自分の統一観は武力統一であり、直接戦車でソウルに進撃する」としばしば語っているとされる。韓国の安全保障当局は最近、そうした情報を入手し、北朝鮮による挑発の可能性を注視しているという。

韓国政府関係者は「北朝鮮は韓国に歩み寄る姿勢を見せる裏で、相変わらず赤化統一(共産主義による統一)の野望を捨てていない。ミサイル発射や4回目の核実験など追加的な挑発に備えるため、万全を期している」と述べた。

(中略)

■赤化統一戦略に変化なし
北朝鮮は昨年改正した「唯一領導10大原則」の第1条で「主体(チュチェ)思想の旗を掲げ、祖国統一と革命の全国的勝利のために闘争しなければならない」とうたっている。「全国的勝利」とは赤化統一を意味する。北朝鮮は「社会主義憲法」と「朝鮮労働党規約」でも同様の方針を明文化している。

韓国の情報当局は北朝鮮が最近2カ月で中短距離ミサイルやロケットを88発発射するなど、緊張を高めようとしている点に注目している。北朝鮮は既に韓半島での全面戦に備えた作戦計画を確定しているとされる。

(中略)

北朝鮮は最近、韓国社会で活発化している南北統一論議も批判している。対南宣伝メディア「わが民族同士」は今月2日「南朝鮮当局は機会があるたびに統一準備だの何だのと言い、吸収統一の野望をあらわにしている」と報じた。

■北朝鮮軍に韓国側の「地形手帳」配布
北朝鮮はまた、韓国の地形や建築物のほか、韓国の軍事座標を北朝鮮式に変換する方法などを盛り込んだ「軍事地形学手帳」を全軍に配布し、熟知するよう指示している。

本紙が25日入手した同手帳には「どの軍種、兵種であっても、地形を知らなければ、敵との戦いをうまく進めることはできない」とし、「共和国南半部」の軍事地理を詳細に説明している。さらに、韓国の山や河川、貯水池、道路、鉄道網、海岸線の特性とそれが戦闘行動に与える影響などが書かれている。「共和国南半部の高速道路里程表」には、韓国の各高速道路の区間別距離が詳細に紹介されている。

手帳は北朝鮮軍の砲撃などに活用するため、韓国の座標体系を北朝鮮軍の使う「平壌座標体系」に変換する方法を記述している。また、「エンサイン」と呼ばれる北朝鮮製のGPS(衛星利用測位システム)の使用法も詳細に説明している。韓国空軍のレーダー基地がある京畿道加平郡の華岳山、カル峰など韓国の具体的な地形も列挙されている。

対北朝鮮消息筋は「北朝鮮の平安南道陽徳郡巨次里付近の山には、韓国の大統領府(青瓦台)と周辺の地形を再現したセットがあり、特殊部隊要員は毎年夏と冬に演習を行っている」と話した。

黄大振(ファン・デジン)記者 , キム・ミョンソン記者


2014/03/26 11:14 朝鮮日報
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/03/26/2014032601500.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/03/26/2014032601500_2.html