1:2015/12/15(火) 11:17:46.47 ID:
◆韓国平昌五輪のスキー場が来年2月の大会に間に合わず! 現在の工事進行度は40%で完成しない場合は日本で開催も

韓国で2018年に開催される平昌オリンピックだが、それを前に2016年2月にスキー場のテストイベントのワールドカップが行われる。しかしその工事の進行具合は酷いもので、全くと言っていいほど完成していなかった。昨年5月に工事が着工されたが、事業費の確保や工事が難航など様々な要因のせいで本来の完成である11月より遅れてしまった。

現在の工程は40%程で来年2月の大会のために最終的な工事完了を1月20日としている。つまり1月ちょっとしか期間が無いことになる。万が一期間内に工事が終えることが出来ない場合は、大会はヨーロッパや日本で開催されることとなるようだ。この際、平昌オリンピックの国際的な信頼度を低下させてしまうとしている。

工事を終えるために、夜間工事はもちろん、クレーンやダンプなど100台の機材と150人の労働者が投入されている。またスキー場には欠かせないゴンドラは世界的なロープウェイ会社ドッペルマイヤー(オーストリア)に依頼しているという。来月の冬季を控え、今月内に海抜1370メートルの頂上付近から980メートル下部まで22個のゴンドラ鉄塔を建てている。
2c733529.jpg

ゴゴ通信 2015/12/15 03:06:13
http://gogotsu.com/archives/13889 
 
=管理人補足=
google・excite翻訳です。読みにくい部分もありますが、ご了承下さい。

【木浦MBC]ネットワーク - 円周]」の。閉会式章「後を絶たない論争
2015/12/09に公開
 
2015/12/09に公開2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックがもう800日余り先に迫りましたが。
大会の開始と終わりを飾る閉会式場はまだ着工さえ出来ずにいます。
期間内完工はもちろん事後活用まで論議が相次いでいて大会をまともにできるかも疑問です。
ネットワークの便りチョ・ソンシク記者です。
 
 
以下、12/15 22:30 追加
スキー場の様子が映っています。(0:20~0:27,1:35~1:50)
ご参考までに。


 
子供たちが自分で作成する平昌オリンピック/ YTN
2015/12/14に公開

(内容省略)