1:2015/12/08(火) 21:05:21.23 ID:
 カーター米国防長官とシンガポールのウン・エンヘン国防相は7日、ワシントン近郊の国防総省で会談し、
防衛協力の強化で合意した。共同声明で、米軍のP8対潜哨戒機1機を7~14日にシンガポールに一時配備することを明らかにした。

 シンガポール周辺で監視活動を強化、南シナ海で人工島造成を進める中国を牽制(けんせい)する狙い。
国防総省当局者は、シンガポールからP8が哨戒活動に従事することで「重要な場所へ、より容易に接近できる」と指摘した。

 今後も約3カ月ごとにP8を派遣する見通しだと説明したが、詳細は「調整中」とした。

(共同)

zakzak 2015.12.08
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20151208/frn1512081203007-n1.htm