中国 経済 

1
:2014/03/28(金)02:22:32 ID:
★4兆元経済対策の後遺症 過剰投資が初デフォルト生む

2008年のリーマンショック時に中国政府が実行した4兆元規模(57兆円相当)の経済対策は当時世界経済の下支えとして大きな役割を果たしました。しかし、この時実施された投資が、企業の過剰設備を生み、いま、後遺症として重くのしかかっています。さらに中国企業として初めてのデフォルトという事態まで発生。大規模経済対策の後遺症に苦しむ現場を取材しました。

※リンク先に動画あり TV東京
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/globalwatch/post_63189