1:2015/12/04(金) 21:18:13.40 ID:
28807c5e.jpg
「中国アフリカ協力フォーラム」首脳会合を前に歓迎会であいさつする習近平国家主席=3日、南アフリカ・ヨハネスブルク(新華社=共同)
49c04765.jpg
「中国アフリカ協力フォーラム」首脳会合を前に歓迎会に参加した習近平国家主席(左から2人目)=3日、南アフリカ・ヨハネスブルク(新華社=共同)

 南アフリカの最大都市ヨハネスブルクで4日、中国とアフリカ各国が参加する「中国アフリカ協力フォーラム」首脳会合が始まり、中国の習近平国家主席は会合冒頭の演説で、アフリカの発展を支援するために今後3年間で600億ドル(約7兆3600億円)を拠出すると表明した。

 アフリカでの同首脳会合は初めてで、5日まで。習氏は「中国とアフリカの計24億人で力を合わせ、相互利益の関係に基づく新時代をつくろう」と呼び掛けた。

 新華社電(英語版)によると、中国の王毅外相は首脳会合に先立ち3日に開催された閣僚会合で、対等な関係を強調した上で「私たちの目標はアフリカの人々が発展と繁栄を実現することだ」と語った。
中国はアフリカ各国をインフラ整備などで支援する一方、各国から石油や鉱物資源を輸入する「資源外交」を展開。中国に依存する国は多いが、一部の国ではインフラ事業を中国企業が受注し、地元経済が恩恵を受けていないとの不満が上がる。

http://www.sankei.com/world/news/151204/wor1512040047-n1.html