日本韓国 
(イメージです。)


1:2015/11/28(土) 01:14:17.41 ID:
2015年11月27日16時02分[ 中央日報日本語版]

元韓国外交部長官の柳明桓(ユ・ミョンファン)氏は26日、韓日関係について「歴史から解放され、未来世代に負担を与えない、『ウィンウィン』(win-win)の雰囲気の中で新しい枠組み(framework)づくりをすすめなくてはならない」と強調した。

駐日大使も務めた柳氏は、同日、牙山(アサン)政策研究院と韓国政治学会が共同主催した「韓日修交50周年学術シンポジウム」の挨拶を通じて「1965年韓日協定という難しい決定を下したように、韓日関係は向こう50年のためにも新しいパラダイムを構築していかなくてはならない」と述べた。

柳氏は韓日関係の悪化について「韓国と日本は互いに反省しなければならない」とし「自分の責任」という姿勢が必要だと指摘した。

柳氏はまた、「韓国社会は『反米・反日フレーム』からまだ抜け出せずにいる」とし「北朝鮮は反米・反日フレームの中で生きている集団だが、そのような分断の現実が我々にも影響を及ぼしている」と指摘した。

http://japanese.joins.com/article/001/209001.html?servcode=A00§code=A10&cloc=jp|main|top_news