軍事 

1
:2014/03/24(月)15:24:02 ID:
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2014-03/24/content_31869102.htm
解放軍の実力が日本を超越、日本はアジアの友人が必要
発信時間: 2014-03-24 14:15:51 | チャイナネット

16日付の日本経済新聞によると、米海軍大学准教授、中国軍事研究専門家のジェームズ・ホームズ氏は2012年8月、中日間で当時戦争が勃発したならば、米国が介入しなくても自衛隊は勝利を収められると指摘した。

ホームズ氏は先月末に訪日した際に、まず中日間で戦争を起こすべきではないと判断した。それからホームズ氏は戦力を比較し、「中国人民解放軍が量的な面ですでに有利になっているが、遠洋訓練を積んだ自衛隊の方が高い能力を持つ。仮に開戦した場合、日本は南西諸島を使い中国軍の侵攻を防ぐことができる。しかし中国と日本の量的な差は拡大を続けており、中国の軍事力は最終的に質的にも日本を逆転するだろう。これは今の台湾と同じことだ。この状況を回避するため、日本は自国の取り組みを急ぎ、多くの友人を味方につけるべきだ。日米のみではなく、アジア諸国との協力を拡大する必要がある」と分析した。

この米国人の観点を見ると、彼ら世界覇権主義者の心中には冷戦思考が満ちており、常に中国の経済成長と平和的な台頭を「脅威」にイメージダウンさせようと企んでいることが分かる。彼らが巧妙で合理的であるほど、日本に平和主義の道を歩むことをやめ、中国に対抗するようそそのかしていることが露呈される。安倍首相が何はばかることなく改憲や軍拡に取り組んでいるのも、理解が容易だ。

「中国網日本語版(チャイナネット)」 2014年3月24日