日本 

1
:2014/03/24(月)12:28:38 ID:
[東京 24日 ロイター] 
菅義偉官房長官は24日午前の会見で、河野談話の検証で新たな談話を出すことはないとの考えを示した。

萩生田光一自民党総裁特別補佐が河野談話の検証に関して、新たな事実が出てくれば新たな談話を出すこともあり得ると発言したことに関して菅官房長官は「河野談話を検証するが、見直しに及ぶことはありえない」と述べた。さらに新たな談話を出すかとの質問に「そこもあり得ない」と否定。萩生田氏の発言は個人的なものだとの認識を示した。

安倍晋三首相が検討している戦後70年の談話に河野談話検証の結果が反映されるかとの質問には「それはない」とし、「未来志向の談話を出したい」と述べた。

中国の習近平国家主席と韓国の朴槿恵大統領がオランダで会談し、朝鮮の独立運動家、安重根の記念館が中国に建設されたことに関して、中韓関係が強化されたとの認識を示したことについては「第三国の首脳会談への評価は差し控える」としたうえで、オランダで行われる日米韓の首脳会談への影響はないとの見方を示した。

23日に行われた大阪市長選で橋下徹市長が再選されたことに関しては「公職選挙法に基づいて粛々と選挙が行われた。結果が出たのだから(大阪都構想について)粘り強く、話し合いをしていくことが大事だ」と語った。

投票率が23%台と過去最低となり無効票も多かったことについては「公職選挙法という法律の中で行った。手続きを否定することはできない」との認識を示した。


(石田仁志)ロイター 3月24日(月)12時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140324-00000031-reut-kr