イメージ ? ? 

1
:2014/03/24(月)01:26:27 ID:
インターネットニュースサイト「ザ・ハフィントン・ポスト」韓国版が、2月28日に開設された。世界で11番目、アジアでは日本版に続く。

(中略)

韓国版開設の前日に日本版編集主幹の長野智子さん(51)と韓国版編集人の孫美娜(ソン・ミナ)さん(41)、そして創業編集長のアリアナ・ハフィントンさん(63)がソウルに集まり、日韓の将来やネットメディアの展望を話し合った。

(中略)

アリアナ 
日米韓3カ国の編集幹部が、みんな女性になりました。
ハフィントン・ポストが世界各国に広がったのはわずか2年半のことだから、実はまだ編集幹部たちが一堂に会したことがありません。こうしてみると、壮観です。世界で11番目、アジアで2番目の韓国版の誕生で、欧米とは違う「アジア・ネットワーク」ができたことになります。

長野
韓国には取材やプライベートで7、8回来ているし、仲の良い友達もいるので光栄です。
でも最近、日韓関係がぎくしゃくしていて、個人的に胸を痛めています。両国は歴史認識などの問題を抱えているけど、韓国に来ると人々は温かく接してくれるし、ニュースで伝えられる緊張感はごく一部を切り取ったもので、個々人は理解しあえることを感じます。


「近くて遠い国」という表現がよく使われるけど、外国との葛藤は、お互いをよく知らないから。
文化的にも似ていながら違う部分も多く、誤解も生じやすいけど、ちゃんと知り合えば私たちは友達になれると思う。

長野
実際に交流することは本当に大切。政治はとかく国民感情を利用して
体制を維持しようとする部分があるけど、それに振り回されて背中を向け合うことは、
お互いに失うものがとても多いと思います。


日本人は韓国に複雑な感情があるように見えるけど、韓国人も過去にこだわりすぎる傾向がある。夫婦げんかのように、ささいなことが積み重なって深刻な対立になり、別れてしまうようなことは避けなければ。?歳のときから付き合っている日本人の友達がいる。
嫌韓感情があると報道されているけど、一人一人はみんな親切だと、普通の韓国人も知っています。

(以下、省略)

http://www.huffingtonpost.jp/2014/03/21/huffington-post-editor-at-large_n_5005160.html