イメージ テロ

1
:2014/01/20(月) 21:13:42.28 ID:
韓国紙・中央日報の中国語版ウェブサイトは20日、2011年にソマリア沖で韓国のタンカー「サムホジュエリー」号を乗っ取り、韓国軍に逮捕された海賊5人が「韓国籍に入りたい」と話していると報じた。

現在は韓国の大田刑務所に服役中の5人。それぞれ、無期懲役と懲役12~15年の刑が言い渡されている。同紙記者が5人にメールでの取材を実施したところ、5人は「韓国が許してくれるなら、韓国籍に入るか、難民申請して韓国に留まりたい」と話したという。

刑務所での生活について、「ソマリアの刑務所では服役囚には顔を洗うことも、爪を切ることも許されませんでしたが、韓国の刑務所は設備が整っていて、待遇も非常によい」「ご飯がおいしい。韓国語も学んでいる。今では簡単な会話はできるようになった」などと語る。

韓国法務部によると、5人は刑務所に入る前より10キロほど太った。異国での刑務所ライフはそんなに快適なのか?「自由時間にはテレビを見ます。韓国の歌も好きです」「韓国の魚はすごくおいしい。故郷の飢えた子どもたちにも食べさせたい」とのこと。

「可能であれば、子どもたちを呼び寄せたい。韓国籍に入りたい。故郷に残した子どもたちが元気に成長しているかどうか、お腹を空かせていないかどうか、考えると涙が出て夜も眠れない」と訴えている。(編集翻訳 小豆沢紀子)

XINHUA.JP 1月20日(月)20時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140120-00000038-xinhua-cn