台湾 

1
:2014/03/21(金)10:52:44 ID:
台湾人は自らを漢民族だと思い込まされており、これが中国への対抗意識を低下させている。

こうした台湾併呑という不法な対外侵略の動きに対し、国際社会が「止めろ」と言わないは、中共が「台湾問題は内政問題。他国の干渉は許されない」と宣伝するからだ。多くの国はそれを信じ、あるいは中共との摩擦を恐れ、それに騙されたふりをしている。もし台湾がとられ、その周辺が支那の海になれば、「台湾周辺海域」は「日本周辺海域」であり、日本は支那の影響下に入る。

それでも日本政府は台湾問題に関し、「当事者同士で平和的に解決を」と言って関与を避けている。米国などは台湾の国連加盟申請に最も強く反対した。中共が南シナ海での自由航行を脅かすや、ASEANと連携して中共包囲に乗り出しているが、南シナ海と表裏一体の戦略的要衝である台湾にはこれほど冷淡。台湾を巡って戦争はしたくない。だがこうした姿勢が中共に誤ったメッセージを送り、台湾の人々から自信を奪い、中共との関係改善を図る馬英九政権支持へと向かわせる。

引用元
http://dljapan.net/news-813.html