イメージ すれ違い 男女 

1
:2014/03/20(木)02:26:25 ID:
国民96%「日本政府、過去の歴史反省していない」
http://specificasia.blog.jp/archives/1000704547.html

(イーデイリー 韓国語 2014/03/18)

私たちの国民のほとんど大部分は日本政府が過去の歴史を反省していないと考えていることが明らかになった。

国民10人中7人以上は日本の過去の歴史認識の改善なしに韓日首脳会談はしないというパク・クネ大統領の考えを支持した。しかし、現状でも政府がもう少し韓日首脳会談に積極的に出なければならないという国民も過半を越えることが分かった。

18日、韓国ギャラップが去る10日から13日までの4日間、全国満19歳以上の男女1,211人を対象に実施した世論調査の結果、《現在、日本政府が戦争中の侵略行為など過去の歴史について反省していると思うか》という質問に96%が『反省していない』と答えた。『反省している』は2%に過ぎなかった。

回答者の94%は現在の韓日関係が『良くない』と答えたし、3%だけが『良い』と答えた。

私たちの国民は、現在の状況より韓日関係が改善されなければならないという立場を見せた。回答者の75%が韓日関係が『より良くならなければならない』と答え、9%は『現状のままが良い』、12%は『さらに悪くなってもかまわない』と答えた。

韓日首脳会談と関連しては、回答者の74%が《過去の歴史認識の改善なしでは韓日首脳会談は意味がない》という内容に『共感する』と答え、16%は『共感しない』ことが分かった。

しかし、政府がもう少し積極的な姿を見せるべきだという注文が多かった。《現状でも韓日懸案を解決するために韓日首脳会談が必要だ》という主張に52%が『共感する』と答え、『共感しない』という意見も40%で少なからず対抗した。

独島領有権問題について国民の98%は『明白に私たちの土地』と認識していたし、1%は『領有権が明確でない紛争地域』といった。

安倍首相の靖国神社参拝については回答者の86%が『してはならないこと』と指摘し、7%は『理解できること』で判断した。

日本が推進している軍事力増強が北核問題に対応する我が国の安保に役立つか聞いた結果、『役に立つ』という答えは8%に過ぎず、79%はむしろ『脅威になる』と見た。

今回の世論調査は95%信頼水準で、標本誤差は±2.8%ポイント、回答率は14%(総通話8,466人中1,211人回答完了)だ。(機械翻訳 若干修正)

http://www.edaily.co.kr/news/NewsRead.edy?newsid=02099206606024632&SCD=JF31&DCD=A00603