1:2014/03/20(木) 00:57:07.37 ID:
 ロシアのプーチン大統領がクリミアを編入すると発表したことについて、日本政府は19日、ロシアへの追加制裁の検討に入った。

 安倍首相「クリミアをロシアに編入する条約への署名がなされたことは、ウクライナの統一性、主権および領土の一体性を侵害するものであり、これを非難いたします」

 安倍首相は、さらに「力を背景とする現状変更は決して看過できない」と強調した。

 政府関係者は「日本には、北方領土や尖閣の問題がある。今回のロシアの行動を許してしまうと、力によって北方領土や尖閣を取られることを許すことにもなりかねない」と話している。

 安倍首相は18日、ベトナムの国家主席と会談した際にも「ウクライナ情勢は対岸の火事ではない」と危機感を示した。政府はすでにロシア政府高官の「資産凍結」や「ビザ発給の停止」など追加制裁の検討に入っている。

ソース(日テレNEWS24) ※ソース元に動画あり
http://www.news24.jp/articles/2014/03/19/04247748.html
8d49f013.jpg


=管理人補足=
ソース元動画を添付することが出来なかった為、類似動画を添付します。