16498659728_ae34de6a65_n.jpg 
photo credit: Samsung Galaxy S6 Edge via photopin(license)
(イメージです。)


1
:2015/07/24(金) 17:11:40.62 ID:
サムスン電子が4-6月期の世界スマートフォン市場において出荷台数とシェアがともに下落したことが調査された。

23日(現地時間)、市場調査機関IDCによると、今年4-6月期の世界スマートフォン出荷台数は昨年同期比11.6%増の3億3720万台だった。

4-6月期の出荷台数を基準とすると、世界スマートフォン市場シェア上位5社はサムスン電子(7320万台、21.7%)、アップル(4750万台、14.1%)、ファーウェイ(華為、2990万台、8.9%)、シャオミ(小米、1790万台、5.3%)、レノボ(1620万台、4.8%)だった。

サムスン電子は昨年同期に比べて出荷台数が2.3%減少した。しかし、上位5社のうち出荷台数が減少したのはサムスン電子が唯一だった。サムスン電子の市場シェアは昨年同期比3.1%ポイント下がった。

2位のアップルは前年同期と比べて出荷台数が34.9%急増し、市場占有率は2.4%ポイント上昇した。中国スマートフォン企業もサムスンを圧迫している。シェア上位5位中、ファーウェイ、シャオミ、レノボが3~5位を占めている。これら3社の市場占有率は19%で、前年同期16.5%から2.5%ポイント上昇した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150724-00000032-cnippou-kr