テコンドー 

1
:2014/03/18(火) 23:59:04.42 ID:
全日本テコンドー協会は、国から交付された専任コーチへの補助金で不適切な会計処理があり、日本オリンピック委員会(JOC)から約3000万円の返還を求められている問題で、30年間で返還する計画でJOCと合意していたことが、18日分かった。

最初の10年間は月5万円を返し、その後は増額する。

同協会は財政的に余裕がある場合は、計画より早い完済を目指すという。JOCは今回の対応について、同協会の財政状態に配慮した結果と説明した。返還金についてはJOCが既に肩代わりしており、貸付金ではないとして無利息にした。

読売新聞 2014年3月18日20時28分
http://www.yomiuri.co.jp/sports/news/20140318-OYT1T00741.htm?from=navr